■ DroidVim (テキストエディタ)

DroidVimはテキストエディタVimのAndroid移植版です。
Vim 8.0(Huge version)、grep、diff、ctagsはすぐに使用できます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.droidvim

▼必須 - ARM(Android 4.1以降)、x86(Android 4.3以降)

■ ノート:

終了方法

「":qa"コマンドを使用する」, 「"Q"ボタンをタップする」, または「ナビゲーションドロワーの"QUIT"ボタンをタップする」ことで終了します。

Vimチュートリアル

":Vimtutor"を入力してください。
または
はじめてのvi

直接入力

"◇"ボタンをタップして予測変換を有効/無効を切り替えることができます。
日本語入力が必要な場合は"◇"ボタンを押してから日本語入力を行ってください。
(「起動時の入力モード」は設定で変更可能です)
また一行テキスト入力(画面下部でダブルタップ)も使用可能です。

クリップボード

DroidVimは端末エミュレータ上で動作しているのでclipboardオプションは使用できません。(clipboardは基本的にGVim用オプションです)

そのかわりDroidVimにはクリップボードコマンドが用意されています。

  • "*p - クリップボードからVimへ貼り付け
  • "*y - Vimからクリップボードへコピー
  • gY - 無名レジスタからクリップボードへコピー (例 yygY : DroidVimのみ)

Androidのインテントによっても他のアプリからテキストの貼り付け/コピーが行えます。

  • 貼り付け - 他のアプリからテキストを「共有」
  • コピー - 「長押しメニュー(またはドロワーのメニューボタン)」->「共有」

Webブラウザを起動する

  • gx - URLを開く (:h gx)

■ 特徴:

外部ストレージ対応

外付けSDカード、USBメモリ、Googleドライブ、Dropboxなど。
ナビゲーション・ドロワーの「ストレージ」ボタンをタップして、ファイル・ピッカーを起動します。(Android 4.4以降が必要)

特殊キー

Esc、Ctrl、Tab、矢印キーなど。

直接入力

ノーマルモードでのコマンド入力のため予測変換を無効化可能です。

クリップボード

クリップボードのコマンド("*p "*y)がサポートされています。gYは無名レジスタをAndroidのクリップボードに送ります。

カスタムフォント

お気に入りの等幅フォントを使用してください。

タッチして移動

タッチ、スワイプ、フリックでカーソルを移動します。

多言語

マルチバイトオプション、iconv、多言語メッセージ付きのVim。

■ 追加機能 (アプリ内課金):

Git

git-cui、curl、busybox(BusyboxはAndroidには存在しない多くのコマンドを追加します)

■ トラブルシューティング:

  • Vimがフリーズした場合は、メニューの「ウィンドウを閉じる」をタップして終了します。
  • キーボードの入力がおかしい場合は、「設定」の「インプットメソッド」を変更してみてください。
  • ambiwidthを変更する場合は、「設定」の「東アジアの曖昧な文字幅」も変更してください。

音声入力

一行テキストボックスで音声入力を行うと、簡単に単語を修正できます。

予測変換

予測変換がうまく動作しない場合は以下を試してみてください

1. 一行テキスト入力をタップして切り替えるか"設定"->"◇ボタン""一行テキスト入力"に変更する。
2. Vimの補完(:help complete-functions)を使用するか プラグイン ("AutoCompletion.vim"など)を使用してください。

またノーマルモード移行時に直接入力に、挿入モード移行時に通常入力に切り替える事もできます。
キーボード入力モードの制御

Git

寄付について

一度の寄付であなたのすべてのデバイスでGitが使用可能になります。またアップデートに寄付は必要ありません。
問題がある場合は"アンインストール->再インストール"または"アンドロイドの設定からPlay Storeのキャッシュを削除"を試してみてください。

busybox-setup

Gitが特定のデバイス(Samsung Galaxy Tab A6など)にインストールされていると、一部のコマンド(「ls」など)が機能しないことがあります。
このような場合は、"busybox-setup sysbin"を実行してください。

  1. 「長押しメニュー」->「Extra」からGitが最新かどうかをチェック
  2. :shell または Ctrl-z
  3. busybox-setup sysbin

■ Tips

.vimと.vimrc

.vim.vimrc$HOMEに作成してください。このようにするとlinuxとまったく同じように動作します。しかし、$HOMEはアンインストール時に削除されます。 ですから.vim.vimrcを内部ストレージ(filerアプリ経由でアクセス可能)にコピーし、シンボリックリンクを作成することをお勧めします。
  1. :shell または Ctrl-z
  2. ln -s /path/to/.vim $HOME/.vim
  3. ln -s /path/to/.vimrc $HOME/.vimrc
(内部ストレージのパス : /storage/emulated/0 or /sdcard)

もちろん環境設定から$HOMEを内部ストレージへ変更することもできます。 ただし$HOMEを変更すると、属性の変更を必要とするファイルの中には書き込みがうまくできないものがあります。 viminfoの場合は、Vimの viminfoオプションを適切に設定します。

DroidVimのホームフォルダ内のファイルをDropBox, GoogleDrive, OneDriveへバックアップしたい場合はそれぞれのアプリから直接アップロード可能です。

plugins

VimScriptプラグインを使用することができます。
:h plugin

packaddを使うこともできます。

:h packages

Samba

Sambaで共有されているファイルを編集したい場合は、以下のアプリを使用してみてください。

キーボード入力モードの制御

Vimスクリプトからキーボード入力モードを変更することができます。

:call ATEMod(55)

設定値は以下を参照して適切に変更してください。

設定値効果備考
50 通常入力
51 直接入力 : パスワード 英数確定入力になる。
日本語入力不可。
52 英数入力 : URI ほとんどのIMEでは変更後に英数入力に切り替わる。
英数確定入力にはならない。(IMEの設定に依存)
日本語入力可能。
53 直接入力 : パスワード
(Google日本語入力)
Google日本語入力も英数確定入力になる。
日本語入力不可。
Google日本語入力以外では「直接入力 : パスワード」同等。
54 英数入力 : Raw
55 「通常入力」/「起動時の入力モード」を切替

(「日本語入力固定モード」にも使用可能です)

61 言語切替 (Shift+Space)
62 言語切替 (Alt+Space)

「日本語入力固定モード」を使用しなくても、以下を設定すると、ノーマルモード移行時に直接入力に、挿入モード移行時に通常入力に切り替わります。

let g:imctrl_normal = 53 let g:imctrl_insert = 50

ハードウェアキーボード

ハードウェアキーボードから入力モードを制御したい場合は「設定」→「IMEショートカット」を適切に設定してみてください。

Google日本語入力の場合:
「IMEショートカット」→「機能割当」→直接入力/通常入力
「IMEショートカット」→「Ctrl+[j]」

let g:imctrl_normal = 53 let g:imctrl_insert = 53

のように設定すると、ノーマルモード移行時は自動で直接入力に、挿入モードではCtrl+[j]で英数/日本語入力切替になります。(最初の1回のみCtrl+[j]の後に[半/全]や[Shift]+[Ctrl]などで日本語入力に要変更)

Atokの場合は英数確定入力で使用していれば、以下のように設定するだけでも良いかもしれません。
「起動時の入力モード」→「直接入力:URI」

let g:imctrl_normal = 52 let g:imctrl_insert = 50

IMEによってはハードウェアキーボードでの日本語/英数入力切り替えに以下のショートカットが使用可能です。
日本語/英数入力切替([半/全]以外)

Google日本語入力 [Alt]+[`]
[Shift]+[Ctrl]
[Shift]+[無変換]
ATOK [Alt]+[Space]
[変換]
Wnn keyboard lab [Shift]+[Space]

またGoogle日本語入力やATOKでは以下のショートカットキーで文字種変換が行なえます。

文字種変換 (Google日本語入力/ATOK)

ひらがな変換 [Ctrl]+[u]
カタカナ変換 [Ctrl]+[i]
半角変換 [Ctrl]+[o]
全角無変換 [Ctrl]+[p]

Google日本語入力

英数変換 [Ctrl]+[t]

ATOK

英数変換(日本語配列) [Ctrl]+[@]
英数変換(英語配列) [Ctrl]+'['

■ ソースコード:

DroidVimはオープンソースプロジェクトです。
https://github.com/shiftrot/droidvim

■ 連絡先:

<< Prev  |  PageTop